SDGs(17のグローバル目標)に沿った事業を推進・支援する寄付サイト

SDGs(17のグローバル目標)に沿った事業を推進・支援

  1. トップページ
  2. プロジェクト一覧
  3. プロジェクト詳細
  4. プロジェクト活動報告

チャレンジユニバーシティJAPAN開催報告1日目

2019.11.01 UP

9月13日~15日までの3日間、東京の青年会議所会館でチャレンジユニバーシティJAPANを開催し、東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、鹿児島と全国各地から10名の大学生が参加してくれました。

テーマは、「好きを面白いビジネスに変え社会課題を解決する」
そしてもう一つの裏テーマは、「どこにもないワークショップをやろう」でした。

1日目(9月13日)
緊張した面持ちで来場した参加者たちでしたが徐々に場も和み、開会する頃にはすでにうち解けていました。

〇開校式・アイスブレイク

開校式では、開催趣旨説明と3日間の目標やテーマ選定理由について説明を行いました。
続いて、アイスブレイクとして「他己紹介カードづくり」を行いました。
参加者がペアとなり自己紹介ではなく他己紹介を行うことで、お互いを知ろうとしていました。

〇講義1 「自分の好きをビジネスにする」(講師 三井陽一郎先輩)

次に、クリエイティブディレクターである三井陽一郎先輩の講義では、好きなことをビジネスにするために必要なことを講演していただきました。
どんな視野・視点から課題を見つけ、そこへアプローチしていくのか。
正しいことより、自分が信じる「楽しいこと」をやってみよう。
好きをビジネスにするヒントを実際の事例に即して学んでいただきました。

〇講義2 「SDGsについて」(チャレンジユニバーシティ実践委員会 委員長 阿登靖紀)
ビジネスアイデアとSDGsのゴールを紐づけすることがつながるような考え方の講義を行いました。

〇個人ワーク「自分の好きを表現する」
ハーマンモデルを利用した自己分析を行い、この後のチーム作りのために、自分の好きなものや性格などをまとめていただき、1分間で自分を売り込むPRをしていただきました。

〇チーム作り・ファシリテータードラフト
最終発表までのチーム作りを行いました。参加者の学生が自分たちで考えチームを作っていただき、
チーム「カフェルヴァ」
チーム「㊙(まるひ)」
チーム「昆虫鑑定団」
以上の3チームが結成されました。

〇アイスブレイク

チーム対抗のマシュマロチャレンジを行いました。
メンバー全員が共通の目的に向かって協力することで、チームの結束力が高まりました。

〇グループワーク
初回のグループワークを行っていただきました。
どういった課題の解決につなげるか、タイムマネジメントについて話し合っていただきました。
グループワークに入ると真剣な表情で、各々の考えや意見を出しあっていました。

〇懇親会

参加者の積極的な交流を行い、次の日からの雰囲気づくりを行うため懇親会を行いました。
参加者は懇親を深めて初日は終了いたしました。

プロジェクト概要チャレンジユニバーシティJAPAN

SDGs No.04
東京都
目標金額¥300,000
現在の支援金額¥300,000
100%
支援人数37
終了日時 2019/09/14 23:59
終了
プロジェクト詳細に戻る

PAGE TOP